Q1 会社名に、「株式会社ABC」「株式会社123」など、英語や数字は使うことができますか。

会社名には、日本語(ひらがな、カタカナ、漢字)のほか、

以下の文字を組み合わせて使うことができます。

 

  • アルファベット(A、B、C・・・やabc・・・。大文字、小文字とも可) 
  • 数字(1,2,3・・・)
  • 記号(「&」、「−」、「,」、「・」、「‘」など。ただし、字句(日本文字を含む。)を区切る際の符号として使用する場合に限ります。「株式会社&」はダメということです)

 

     

     

     

Q2 会社設立において、資本金は最低いくら必要ですか。また、いくら位にするのが望ましいですか。

会社の資本金額に関する法律上の制限は特に無く、1円でもかまいません。

ただし、銀行などに対する対外的信用をつけるためには、資本金1円は

決して望ましくありません。

また許認可が必要な事業については、一定の資本金が要求される

場合があります(詳細は、各役所にご確認ください)。

 

設立される会社のビジョンにもよりますが、

資本金1000万円未満であれば、設立当初は消費税納税義務が無いため、

資本金1000万円未満にすることをおすすめしています。

 

     

     

     

Q3 株式会社を設立するのに、出資者や役員(取締役・監査役など)は最低何人必要ですか。

1人でも株式会社を設立することが可能です。1人の出資者(株主)が

自ら取締役になるケースです。

 

ただし、「取締役会」を設置する場合は、最低4人(取締役3名、監査役1名)が

必要になります。

会社の規模・将来性によって、会社の設計を決めていただくことになります。

将来上場を目指されるような会社は、取締役会の設置が必須といえます。

 

 

     

     

     

Q6 株式会社を設立するのに、時間はどれくらいかかりますか。会社設立を大安、あるいは記念日にしたいのですが・・・

ご依頼をいただいてから、およそ1〜2週間とお考え下さい。

会社登記簿に記載される「設立年月日」は、登記申請をした日になります。

「設立年月日」の希望がございましたら、ご依頼時にお申しつけください。

スケジュール的に可能な限り、対応させていただきます。

 

 

 

 

 

Q7 株式会社設立に必要な書類等を教えてください。

  • 会社の代表印
  • 印鑑証明書(出資者1通、役員1通)
  • 発起人名義の通帳(資本金入金後のもの)

 

をご用意いただきます。

なお、出資者と役員を兼ねる方は、印鑑証明書は2通ご用意下さい。

 

このほか、登記に必要な書類は当事務所にて用意し、

ご捺印をいただくだけになります。