会社設立にかかる費用の「総額」

事業を立ち上げるときは、何かと投資費用がかさむもの。

 

そこで、ご安心いただくため、当事務所の報酬のみならず、会社設立に必要な

印紙・手数料などを含めた「総額」をご案内しましょう。

 

(1)株式会社

 内 訳

金額(円) 

 (参考)

ご自身で

手続する場合

1 定款認証(公証人に払う)

 52,000円

 52,000円

2 登録免許税(法務局に払う)

150,000円

 150,000円

3 司法書士報酬

  75,600円

          0円

4 定款印紙代(公証人に払う)

         0円

  40,000円

合 計

277,600円

 242,000円

 

 

(2)合同会社

 内 訳

金額(円) 

 (参考)

ご自身で

手続する場合

1 登録免許税(法務局に払う)

60,000円

 60,000円

2 司法書士報酬

54,000円

 0円

3 定款印紙代(公証人に払う)

0円

40,000円

合 計

114,000円

 100,000円

 

 

 

 

 

・登録免許税について

 登録免許税は、資本額が

 (1)株式会社の場合 2142万円

 (2)合同会社の場合 857万円

 くらいまでなら、上記の金額です。それを超えると、資本金の0.7%になります。

 

 

・ご自身で手続される場合との比較

 「電子定款認証」のためのソフトその他の機材をお持ちでない場合、

 定款に貼る印紙代が別途4万円かかります。

(ふつう、お持ちでないと思います。機材をそろえるだけで4万円以上かかります)

 当事務所にご依頼いただいた場合、この4万円はかかりません。

 

結果として、当事務所に依頼されると、ご自身で手続する場合よりも

(1)株式会社の場合 35,600円

(2)合同会社の場合 14,000円

高くなりますが、面倒な手続はすべて当事務所が行います。

営業活動や広告宣伝など、本来の事業に専念いただけると思います。

 

 

このほか、主にかかる費用をご説明します。

・登記事項証明書

 会社が設立できたことを証明する書類だと思ってください。

 1通600円。これも法務局に払うお金です。

 銀行での口座開設や役所での手続する際に必要になりますので、通常は数通

 必要になるかと思われます。

 

・会社の印鑑

 実印・銀行印・ゴム印。

 はんこ屋さんで「会社設立セット」などとして販売されています。

 材質によってかなり値段は違いますが、3万円〜10万円くらいでしょうか。 

 

・ご用意いただく書類

 (1)株式会社の場合 

  出資者の方(株主になる方) 印鑑証明書1通

  役員になる方                  印鑑証明書1通

  出資者であり、かつ役員になられる方は、併せて1通でOKです。

 

 (2)合同会社の場合 

  出資者の方   印鑑証明書1通  

 

 これだけは、司法書士が代行できないため、

 市区町村役場で、取得をお願いします(1通あたり数百円です)。 

 

 

 

 

 

株式会社設立までの流れ

1 お申込

  以下の当サイト専用フォームからお申込下さい。

 

 

 

2 基本事項の決定

  ご面談の上、以下の内容を決定していただきます。

  • 会社名
  • 会社の事業内容(目的)
  • 本社を置く場所
  • 出資者と役員・機関の構成
  • 資本金の額

 

3 会社印鑑の作成(ハンコ屋)、印鑑証明書の取得(市区町村役場)

  お客様にて行っていただきます。

 

4 必要書類への押印

  必要書類は、すべて当事務所で用意します。

  お客様はご捺印いただくのみです。

  (書類の内容はきちんとご説明しますので、ご安心下さい。)

  *出資者、役員就任者の全員分のご捺印(実印)が必要です。

 

 

5 資本金のご入金

  出資者名義の通帳に、資本金を入金していただきます

  (入金のタイミングは、当事務所よりお伝えします)。

 

 

6 設立登記申請

  当事務所にてすべて手続きを行います。

 

 

 

 

会社組織をオーダーメイド

新しい夢実現に向けて、会社を設立される方を応援します。

設立手続のご依頼をいただいた場合、1回目のご面談で、

  • 会社の名前
  • 本店の場所
  • 会社の組織設計

などを決めていただきます。

 

会社設立手続のご依頼をいただいた場合、登記や書類作成など、

手続そのものは、とても簡単なんです。

通常、ご依頼いただいて1〜2週間で設立登記申請が可能です。

 

会社を立ち上げる時に当事務所が重視するのは、

御社のビジョンに最適な「会社の組織設計」をご提案することです。

一言で「株式会社」と言っても、さまざまな種類があります。

  • 取締役会のある会社、ない会社。
  • 監査役のいる会社、いない会社。
  • 資本金1円の会社、1億円の会社。
  • 出資者に議決権を持たせる会社、持たせない会社。

どれが、御社にとってベストなのか、一緒に考え、ご提案します。

 

  • 家族や仲間同士で立上げる場合には、取締役1名だけの会社設計も可能
  • 近い将来株式上場を目指す場合は、これに応じた種類株式の設計をします。
  • とにかく初期費用を抑えたい場合は、税金面で有利になる資本金の計上方法や、LLCなど株式会社以外の形態も可能性としてご提案します。

 

こうした会社組織の根本にかかわる事項は、「定款(ていかん)」という書類に

記載するのですが、 御社のためだけの「定款」をオーダーメイドしていきます。