遺言書の種類

遺言書には、

公証役場で公証人に作成してもらう「公正証書遺言」

全文を自筆(ただし、財産の内容はPC等でOK)して作成する「自筆証書遺言」

があります。

 

  公正証書遺言 自筆証書遺言
メリット
  • 公証役場で作成・保管してくれて、安心・確実。
  • 偽造や紛失の心配もない
  • 家庭裁判所での検認が不要(死後)。
  • お金がかからない
  • 何度も気楽に書き直せる。
デメリット
  • 作成時に、お金がかかる(公証人手数料)。

 

 

 

  • 手で文章を書くのが大変…
  • 偽造されたり、無くすかも…
  • 形式の不備があると無効になる
  • 死後に、裁判などで有効性を争われるリスクがある
  • 家庭裁判所で検認をしなければならない。2~3カ月かかることも。