就業規則の作成・変更

就業規則は、会社と従業員とのリスクを未然に防ぐ「契約」=「会社ルール」です。

就業規則にある事項の記載がないだけで、勝てたはずの訴訟で勝てない、ということもあります。

 

法律上は、常時10人以上の従業員を雇用する事業所に作成・届出義務がありますが、

労務リスクを未然に回避する戦略的な目的で、9人以下の会社でも作成をお勧めしています。

 

当事務所では、就業規則作成にあたっては、

 

(1)会社のリスクを未然に防ぐことができる

(2)会社の実態とあっている

(3)最新の法令改正に対応している

そんな就業規則の作成・変更をご提案します。

 

また、賃金規程・退職金規程など、企業内の諸規程など作成・変更のアドバイス致します。