婚姻期間20年以上の夫婦 居住用不動産の贈与

(1)夫から妻、または妻から夫への贈与であって、

(2)婚姻期間20年以上の夫婦間であり、

(3)国内の居住用不動産、または居住用不動産の購入資金を贈与する

(4)贈与を受けた年の翌年3月15日までに(3)の居住用不動産に、

   贈与を受けた者が現実に住んでおり、その後も引き続き住む見込みである

 

場合に、

その額(評価額)が2110万円までであれば、贈与税はかからない、という特例。

 

贈与者の財産を減らすことができるので、相続税の節税に有効です。

なお、この特例を受けるには、税務署への申告が必要です。