お金はどれだけかかるのか?

任意売却も競売も、法律手続。

それなりに「お金がかかりそう」な気がしませんか?

 

新たにお金を用意する必要は、ない。

 

 

     任意売却では、必要な諸費用(抵当権抹消費用、司法書士報酬など)、

     仲介手数料、マンションにおける管理費・修繕積立金の滞納分などは

     売却代金から賄われ、原則として新たな「持ち出し負担」はありません。

     いま手元にお金がなくても、それは心配する必要はないです。 

 

 

 

引越費用として、20〜30万円もらえるかも。

     

 

     相手次第なので、絶対もらえる、とは言い切れませんが、

     これは任意売却のいいところですね。  

     Cf 競売では、引越し費用など絶対にもらえません。

       機械的に、すべて裁判所が手続きしてしまいますから。
 

 

(おまけ)

   引越について言うと、引越時期についても、柔軟な対応をしてもらえます。

   競売では、裁判所から「出ていけ」と言われた日に、退去しなければなりません。

 

 

任意売却を成立させるには、いくつかの条件が必要です。

が、うまくいけば、メリットがたくさんあります。

「うまくいく」ように、司法書士(や、不動産屋さん)が全力でお手伝いします。

 

住宅ローンを滞納して、差し押さえられて、そのまま黙っていると、

裁判所による競売手続がどんどん進められてしまいます。

ご相談は、お早めに。